20.12.29

特別養護老人ホーム いこい 内見会を実施しました。

令和2年12月28日(月)

年の瀬が迫ってきたこの日、特別養護老人ホーム鳳鳴苑に新しい入居棟「いこい」が完成し、ご家族向けに内見会を開催しました。

鳳鳴苑全体の入居定員130名のうち、44名分の入居棟となります。

すべて個室となり、プライバシーに配慮したつくりになっています。

2階 ユニット型個室20室

1階 従来型個室24室

 

【ユニット紹介】

鳳鳴苑はユニットケアを取り入れており、すべてユニット単位で介護をしています。

「いこい」では、4つのユニットがあります。

居室、フロア、トイレ、浴室など、入居される皆様が快適に過ごすことができる環境を整えました。

浴室は、寝台浴と椅子浴を用意しました。

トイレには、離座センサー、リフトを導入しました。

いこいでは、全室に眠りSCAN(パラマウントベッド)を導入。

安心な見守りとタイムリーな介護をサポートする「システム」です。

センサで得られた入居者の状態を、パソコンや携帯端末でリアルタイムに確認することができます。

来年は、一部の入居者様には、従来の施設から移動していただき、「いこい」での暮らしがスタートします。

皆様がより良いお年を迎えられます様お祈り申し上げます。